Q & A

よくあるご質問

その他のご質問は、お問い合わせフォームからお願い致します。


Q. 査定価格はどうやって決まるのですか。

当社では、市場価格を基準に各取引業者様の流通価格を考慮した上で、見積もりさせて頂いております。

 

Q. 査定される方はどういう方ですか。

当社は京都室町の呉服専門店の問屋でございます。

古物商許可証を取得し

染め、織りの知識はもちろん、市場取引にて日々勉強している最低10数年~30年のプロが責任をもって対応させていただきます。

 

Q. 店舗まで持っていくと、その場で査定してもらえますか。

もちろん、見させていただきます。

担当者が不在の場合もございますので

かならず事前に、フリーダイヤルもしくはお問い合わせフォームからご連絡頂きますようお願い致します。

 

Q. 金額が納得いかない場合、売らなくても良いですか。

もちろんです。

全てがご満足頂けるとは限りません。

全品もしくは、ご納得いただけるお品だけで結構です。

 

Q. 着物のことはよくわかりませんが、それでも大丈夫ですか。

ご安心ください!

大丈夫です。一点、一点ご説明させていただきます。

ご注意いただきますことは、着物や帯などには残り布や証紙がついている場合があります。

査定額が大きく変わる可能性がございますので、忘れずお持ちください。

 

Q. 着物や帯以外で、他に査定してもらえるものはありますか。

かんざしや、帯留めなどの和装小物から

毛皮のショールやコート、貴金属類、茶道具、古美術品など

お着物以外にもお取り扱いがございますので

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

Q. 作家名や織元がわかりません。証紙もないので安価ですか。

 決してそういうわけでもございません。

作家名などは、落款より参照致します。

また、織元も明確な紬や帯なり、きちんと評価させていただきます。 

 

Q. 古布・小物はどんな品が高額ですか。

古布は基本的に古い方が良いと思います。

江戸ちりめんを使用した小袖文様ですとか、大変変わった図案のお品等がございます。

また、綿の入った細工木綿、久留米、会津、こぎれ等も引き取らせて頂きます。

 

Q. 購入して一度も着用していませんが、30年経っています。大丈夫ですか。

もちろん、査定はさせて頂きます。

但し、30年以上経ちますと、糸自体の強度や劣化するケースが多いようです。

そうなりますと、着用の有無は関係無く

引き取りできない、又は安価になる可能性もございます。

 

Q. 10年前に訪問着と帯を50万円で購入しました。おおよそいくらですか。

作家名、色柄、お客様のサイズ、着用の有無をお聞かせ頂きましたら

おおよそお答えできるかと思います。

小売店様の価格設定基準は難しく、あくまでも市場価格が基準となります。 

 

Q. クリーニングはどのくらい時間がかかりますか。

おおよそ、二週間前後お時間を頂いておりますが

シミや汚れなどの程度によりますので、一度お問い合わせください。

 

Q. 店舗での支払い方法は、現金のみですか。

 只今のところ、現金のみのお取り扱いとなっております。